So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

総量規制にも例外や除外されるものがあります [クレジットカード審査]

クレジットカード審査に通るためには避けては通れない総量規制。この総量規制は個人向けの貸付において個人の借入を原則年収の1/3までとする法律となっていますが、個人向け保証や法人向けの貸付、保証は対象外となっています。

ただ、この総量規制、これは個人向けの貸付でも例外や除外される貸付がありますので説明しますね。


■除外の貸付■
この例外の貸付ですが、総量規制の対象とはならない貸付の事で、下記の貸付は総量規制の貸付残高には含まれません。
●不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
●自動車購入時の自動車担保貸付け
●高額療養費の貸付け
●有価証券担保貸付け
●不動産担保貸付け
●売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
●手形(融通手形を除く)の割引
●金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
●貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
(施行規則第10条の21第1項各号)


■例外の貸付■
この例外の貸付ですが、除外とは異なっており総量規制の貸付残高には含まれるものの、例外的に年収の1/3を超えていても超えている部分の返済能力があるのか?を判断した上での貸付が可能となるものです。
●顧客に一方的有利となる借換え
●緊急の医療費の貸付け
●社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
●配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
●個人事業者に対する貸付け
●預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
(施行規則第10条の23第1項各号)


nice!(1) 
共通テーマ:マネー

クレジットカード審査では総量規制にも注意して下さい [クレジットカード審査]

複数ある属性情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報など、クレジットカード審査ではいくつかの要素により審査可否の判断を行っています。

ただ、金融商品にはなにもクレジットカードだけではなく消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなど複数あり、中にはこれら複数の金融商品の利用によって多額の債務を負っている方もいるんですね。

多額の債務を負うという事は、毎月の支払金額はもとよりその利息もそれなりの金額になっている事は想像するには難しくないため、そのままにしておくと近い将来債務超過→多重債務→債務整理という流れにもなりかねません。


そこで、金融庁では多重債務者の増加に歯止めをかけるために2010年6月18日より貸金業法の改正に伴い総量規制を施行させました。

そして、この総量規制の内容ですが、個人の借入総額が原則年収の1/3までに制限される仕組みの事を言います。年収の1/3までになりますので、例えば年収300万円の方であればその借入総額は100万円までという事になりますね。

つまり、この総量規制では個人の借入金額を抑制して健全な金融商品の利用を目指しているんですね。もっとも、借入金額が増えれば増えるほど色々なところに支障をきたしてしまいますので、総量規制により借入金額の上限が定められたという事は良い事だと思います。


しかし、この総量規制ですがその対象範囲は個人向けの貸付のみとなっており、個人向けの保証や法人向けの貸付や保証は対象外となっていますので注意が必要です。


nice!(1) 
共通テーマ:マネー

クレジットカード審査には一定の基準があります [クレジットカード審査]

中々クレジットカードを作る事が出来ない方にとっては苦痛とも言えるクレジットカード審査ですが、そこには一定の基準というものが存在しており、この基準をクリアしていれば大抵のクレジットカード審査に通る事が可能となっています。

もちろん、取得難易度が高いクレジットカードになればそのハードルは高くなりますので、一定の基準以上のものを求められますけど。


それはともかく、クレジットカード審査における一定の審査基準を覚えていれば、今後のクレジットカード審査の際に役に立つと思いますので今回の記事で説明しますね。


■年収■

この年収ですが、最低でも200万円以上で300万円程度あれば問題ありません。ただ、199万円以下の場合には審査で足切りになる可能性がありますので注意が必要です。


■勤務形態■

この勤務形態ですが、一般的に会社社員以上であれば問題ありません。また、基本的にパートやアルバイト、自営業者や派遣社員なども問題ありませんが、他の属性情報も良ければ審査に通る可能性は高くなります。ちなみに、無職はNGで専業主婦も場合によってはNGになる可能性があるため注意が必要です。


■勤続年数■

この勤続年数ですが最低でも1年以上あれば問題ありません。ただ、新卒の場合には勤続年数半年程度での審査可決実績がありますので半年程度あれば問題ない可能性があります。


■居住年数■

この居住年数は最低でも1年以上あれば問題ありません。ただ、新築の場合で本人所有や家族所有であれば半年程度での審査可決実績があります。


■他社借入金額■

この他社借入金額は、総量規制の影響で年収の1/3以上あると問答無用で審査に落ちる事になりますので、年収の1/3未満が絶対条件になります。


このように、クレジットカード審査には一定の審査基準がありますが、これらの審査基準を全て上回っていたとしても必ず審査に通るという訳ではありません。


nice!(2) 
共通テーマ:マネー

クレジットカード審査の流れはこうなっています [クレジットカード審査]

クレジットカードを持つためには、誰もが必ず通る必要があるクレジットカード審査。

このクレジットカード審査ですが、以前は審査申込→クレジットカード会社の審査担当者が申込内容をチェック→個人信用情報機関の信用情報をチェック→勤務先への在籍確認で問題が無ければカードが発行されるという流れでした。

もっとも、以前は紙ベースの申込書による審査申込が主流だったので、申込書を受け取るのはクレジットカード会社の審査担当部署の社員=それなりの人件費が掛かっていました。


ただ、現在ではインターネット経由での申込が急増していますので、ネット申込→コンピューターによるスコアリングでの自動審査という流れが主流となっているようです。

さらに言えば、スコアリングから個人信用情報機関の信用情報の照会までをコンピューターで行う事が可能となっていますので、審査の流れは劇的に進化しているといっても過言では無いですね。

もっとも、ネット申込の場合はあらかじめプログラミングされたコンピューター内で瞬時に審査が行われるため、その審査スピードも格段に上がっているんですよね。


クレジットカード会社としても審査に掛かる人件費の削減=経費の削減になりますし、また申込者にとっても審査時間の短縮は仮に審査に落ちた場合にはすぐに別のクレジットカード審査への申込が可能になるなどのメリットがあります。

しかし、申込者の勤務先への在籍確認の電話に関しては審査担当者=人による確認が必要なので、この在籍確認までコンピューターで処理されたらとは思いますが、現実的には難しいでしょうね。


nice!(1) 
共通テーマ:マネー

携帯電話端末のクレジットヒストリーには注意も必要 [個人信用情報機関]

クレジットカード審査では、申込者の属性情報や信用情報はもとより現在及び過去においての金融商品の利用履歴=クレジットヒストリーが重要になってきます。

そのためには、日頃から金融商品を利用した場合にはその利用代金の支払いを毎月延滞なくきちんと支払う必要があります。

または、金融商品の利用代金の支払いと同じように信用情報にその支払い情報が登録される携帯電話端末の分割払いでもクレジットヒストリーを積み重ねる事が可能になります。


ただ、この携帯電話端末の支払いによるクレジットヒストリーの積み重ねですが、クレジットカード会社によってはこの支払いをクレジットヒストリーとみなさないところがあるのです。

というのも、本来携帯電話端末の支払いは毎月の携帯電話利用代金の支払いと一緒に支払う事になりますよね?逆に言えば、毎月の携帯電話利用代金の支払いのついでに携帯電話端末の支払いを行っている事になります。


つまり、通常の金融商品の利用代金の支払いはそれ単独での支払いになるのに対して、携帯電話端末の支払いは携帯電話利用代金の支払いのおまけ的な扱いになってしまうんですね。

そして、クレジットカード会社の中には、このおまけ的な携帯電話端末の支払いを通常のクレジットヒストリーとはみなさないところがあるようなのです。


もっとも、そういった扱いをするクレジットカードの多くはステータスの高いカードになっているようなので、ステータスの高いクレジットカード審査に申し込む際には注意が必要になります。


nice!(1) 
共通テーマ:マネー

携帯電話端末の分割支払いはクレジットヒストリーの入門です [クレジットカード審査]

今や日本はもとより世界各国に普及している携帯電話。それに、昔の携帯電話はかなりの大きさだったのに近年の携帯電話は小型化が進んできて、なおかつ性能も良くなってきていますね。


ただ、性能が良くなってきている事に比例して携帯電話端末の価格も毎年上昇傾向にあるため、携帯電話端末をにこにこ現金一括支払いで購入する方よりも、毎月の携帯電話利用代金の支払いと一緒に支払う=分割支払いを選択する方が増えています。



もっとも、携帯電話の利用代金は毎月発生しますので、その支払いと一緒に携帯電話端末の支払いを行う事は理にかなっていると言えますが、実はこの携帯電話端末の分割支払いでクレジットカード審査で重要な役割を果たしているクレジットヒストリーが溜まっていくんですね。


というのも、以前は違いましたが近年ではドコモやau(KDDI)、さらにソフトバンクは顧客の携帯電話端末の分割支払いが増加してきたのに伴い、個人信用情報機関へ加盟しているからなんです。



近年の携帯電話端末の価格上昇に伴い、端末を販売するにあたって顧客の現在及び過去の金融商品の利用状況を確認して、きちんと端末の支払いを行ってくれるのか?を調査する必要が出てきたのです。


それはそうですよね?携帯電話会社もボランティアでやっている訳では無いので、顧客が携帯電話端末の支払いをしてくれないと自社にとっても損失が出てしまう事になりますから。



で、この携帯電話会社が個人信用情報機関へ加盟した事によって、私たちが毎月支払っている携帯電話端末の支払い状況がクレジットヒストリーとして信用情報に登録される事になったんですね。


そして、クレジットヒストリーとして登録される事になったので、携帯電話端末の支払いを毎月延滞なくきちんと支払っていればその情報が良好なクレジットヒストリーとして登録され、今後のクレジットカード審査において有利に働く可能性があるのです。


通常、携帯電話端末の代金は毎月の携帯電話の利用料金と合算して支払う場合がほとんどになりますので、毎月の携帯電話の利用代金を延滞なく支払っていれば、自動的に良好なクレジットヒストリーが積み重なっていくという訳なのです。



ただ、その支払い情報がクレジットヒストリーに登録されますので、当然ですが支払いを延滞してしまうと延滞情報が登録されますので注意が必要になります。


nice!(0) 
共通テーマ:マネー

信用情報で特に重要になるものについて説明します [個人信用情報機関]

クレジットカード審査では個人信用情報機関に登録されている信用情報が重要になってくる事は、再三当ブログで説明してきました。


もっとも、この信用情報には審査申込者の現在及び過去においての金融商品の利用履歴が登録されていますので、クレジットカード会社は審査に際のこの信用情報に登録されている内容と属性情報を元に審査可否の判断をしています。


ただ、一言で信用情報と言っても信用情報にはいくつかの種類があり、ことクレジットカード審査において重要になってくるものとそうではないものがありますので、今回の記事では審査で特に重要になってくる信用情報について説明しますね。



CICにおける重要な信用情報


■申込情報■

この申込情報には、クレジットカード審査をはじめとした各種金融商品の申込情報が登録されており、ここに複数の申込情報が登録されていると審査では不利になる可能性があります。


■クレジット情報■

このクレジット情報には、顧客とクレジットカード会社を含めた金融会社との契約内容や支払い情報が登録されており、ここに延滞や債務整理などの金融事故情報が登録されていると審査ではかなり不利になります。



JICCにおける重要な信用情報


■契約内容の情報、返済状況の情報■

これらの情報には、金融会社と顧客との間で交わされた各種金融商品の契約情報や返済情報などが登録されており、ここに延滞情報が登録されていると審査ではかなり不利になります。


■取引事実の情報■

この取引事実の情報には、顧客の自己破産などを含む債務整理情報が登録されており、ここに債務整理情報が登録されていると審査に通る事はほぼ不可能となってしまいます。


■申込情報■

この申込情報にはCICと同様に、各種金融商品の申込情報が登録されており、ここに複数の申込情報が登録されていると審査では不利になる可能性があります。



KSCにおける重要な信用情報


■取引情報■

この取引情報には、金融会社と顧客との各種金融商品の契約内容や返済情報が登録されており、ここに延滞や債務整理などの金融事故情報が登録されていると審査ではかなり不利になります。


■官報情報■

この官報情報には、政府機関発行の官報に記載された破産申し立てや民事再生手続きなどの情報が登録されており、ここに情報が登録されていると審査に通る事はほぼ不可能となってしまいます。


nice!(1) 
共通テーマ:マネー

信用情報機関の信用情報の種類について [個人信用情報機関]

今このブログを読み返してみたら、クレジットカード審査でかなり重要になってくる、個人信用情報機関に登録されている信用情報についての説明がまだだったので、今回の記事で説明しますね。

今の日本には、CICとJICC、KSCという3つの個人信用情報機関がありますが、これらCICやJICC、さらにKSCの各個人信用情報機関に登録されている信用情報の種類には若干の違いがあるんですよね。


ただ、若干の違いがあると言っても、大まかな枠で捉えればどの個人信用情報機関で扱っている信用情報でも、その内容には若干の違いがあるにせよ、審査の大勢に影響を及ぼすような違いではありません。

ですので、ここからは各個人信用情報機関に登録されている信用情報の種類について記載しますね。



株式会社CICの登録情報や登録期間

■申込情報■

クレジットカードや各種ローンの新規申込における支払能力の調査のため、CIC加盟会員がCICに照会した情報

■登録期間■

CIC加盟会員の照会日より6ヶ月間


■クレジット情報■

CIC加盟会員と契約者がクレジットカードや各種ローンを締結した契約内容や支払状況など

■登録期間■

契約期間中および契約期間終了後5年間


■利用記録■

クレジットカードや各種ローンの利用途中における支払能力の調査のため、CIC加盟会員が照会した情報

■登録期間■

CIC加盟会員の利用日より6ヶ月間



株式会社日本信用情報機構(JICC)の登録情報や登録期間

■本人特定の情報■

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先などの個人特定情報

■登録期間■

契約内容に関する情報などが登録されている期間


■契約内容の情報■

登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額などの契約情報

■登録期間■

契約継続中及び完済日から5年を超えない期間


■返済状況の情報■

入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞などの返済情報

■登録期間■

契約継続中及び完済日から5年を超えない期間(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に関わる情報については該当する事実の発生日から1年を超えない期間)


■取引事実の情報■

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡などの取引情報

■登録期間■

当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に関わる情報については該当する事実の発生日から1年を超えない期間)


■申込情報■

本人を特定する情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号など)、ならびに申込日及び申込商品種別など

■登録期間■

申込日から6ヶ月を超えない期間



全国銀行個人信用情報センター(KSC)の登録情報や登録期間

■取引情報■

クレジットカードや各種ローンなどの契約内容や返済状況(入金の有無や延滞・代位弁済・強制回収手続などの事実を含む)の履歴

■登録期間■

契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間


■照会記録情報■

会員(クレジットカードや各種ローン会社)が信用情報センターを利用した日やクレジットカードや各種ローンなどの申込みや契約の内容など

■登録期間■

該当する利用日から本人開示の対象は1年を超えない期間、また会員への提供は6ヶ月を超えない期間


■不渡情報■

手形交換所の第1回目の不渡、または取引停止処分など

■登録期間■

第1回目の不渡は該当する発生日から6ヶ月を超えない期間、また取引停止処分は該当する処分日から5年を超えない期間


■官報情報■

官報に公告された破産・民事再生手続開始決定などの官報掲載情報

■登録期間■

該当する決定日から10年を超えない期間


■本人申告情報■

本人確認資料の紛失や盗難、また同姓同名別人の情報がセンターに登録されており、自分と間違えられるおそれがあるなどの本人からの申告内容

■登録期間■

登録日から5年を超えない期間


nice!(0) 
共通テーマ:マネー

良好なクレジットヒストリーはクレジットカード審査では有利です [クレジットカード審査]

クレジットカード審査では、属性情報や信用情報はもちろんですが、その他に良好なクレジットヒストリーが登録されていると有利に進める事が可能となっています。

それは、クレジットカード会社としても全く新規の方と信用取引をするよりも今までに何らかの金融商品の利用があり、その利用代金を延滞無くきちんと支払っている方と信用取引をした方が安心感がありますから。

※クレジットカードは商品先出し、利用代金後払いのため、当ブログでは信用取引と記載しています。


ですので、あなたが今後目的のクレジットカード審査に通るためには各種金融商品の利用代金の支払いを毎月延滞なくきちんと支払う必要があります。

そして、毎月延滞なく支払っていれば、あとは勝手に良好なクレジットヒストリーが積み重なっていきますので、ある程度(目安としては1年以上)良好なクレジットヒストリーが積み重なったらクレジットカード審査に申し込むという流れになります。

良好なクレジットヒストリーが積み重なっている=毎月の支払管理が出来ている=この申込者は信用する事が出来るとクレジットカード会社から見られますので、審査においては良好なクレジットヒストリーが重要な役割を果たすんですね。


ただ、クレジットカード審査では良好なクレジットヒストリーは有利になりますが、金融商品の毎月の支払いで延滞がある=クレジットヒストリーの中に良好ではないものが含まれていると、逆に審査では不利になる可能性があります。

もっとも、金融商品を購入したからにはその利用代金は毎月延滞なくきちんと支払う義務がありますので、金融商品利用代金支払いは毎月きちんと支払って下さいね。


nice!(1) 
共通テーマ:マネー

審査ではクレジットヒストリーが重要な役割を果たします [クレジットカード審査]

クレジットカード審査では属性情報や信用情報など、さまざまな要素が審査対象となっており、これらの要素は審査への申込を行う方によって大小の違いはありますが異なっている場合がほとんどになります。

もっとも、勤務先や勤続年数、年収や年齢が全く同じという方がいるのか?と聞かれれば微妙ですし、いたとして同じクレジットカード審査に申込をするのか?という疑問もあります。

ですので、審査ではどんな方が申込を行ったとしても、自社でスムーズに審査を行うためにスコアリングという手法によって審査が行われています。


っと、今回はスコアリングの話では無くて、申込者のクレジットヒストリーの話になるのですが、このクレジットヒストリーとはその名の通り申込者の現在及び過去のクレジット利用における歴史の事になります。

そして、このクレジットヒストリーは個人信用情報機関の信用情報に登録されていますので、クレジットカード会社が審査の際に信用情報を照会すると、このクレジットヒストリーを確認する事が出来るんですね。


それでは、何故クレジットカード審査でこのクレジットヒストリーが重要な役割を果たすのか?についてですが、これは申込者が現在及び過去においてきちんと金融商品の利用代金の支払いを行っているのか?の確認をする事が出来るためです。

クレジットカードは商品先出し、代金後払いというその特性上、金融商品の利用があまり無い方よりもある程度何かしらの良好な利用実績がある方が、クレジットカード会社としても安心する事が出来ます。

特に、今まで金融商品の利用が全くない=クレジットヒストリーが全くないという方は、ある程度良好なクレジットヒストリーがある方に比べ審査ではかなり不利になってしまうのです。


ですので、もしあなたがクレジットカード審査に通りたいのであれば、属性情報や信用情報も大事ですが良好なクレジットヒストリーも積み重ねる必要がありますよ。


nice!(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -