So-net無料ブログ作成

クレジットカード審査におけるアルバイトや派遣社員の扱い [クレジットカード審査]

クレジットカード審査で重要な事は、申込者が今後継続して安定した収入の確保が可能なのか?になりますので、申込者の勤務先や勤続年数はとても重要になってきます。

この点において、年収が安定している公務員や上場企業に勤務している方は審査で有利になる可能性が高くなっています。

もっとも、一般企業に勤務している方や自営業者でも勤務先が原因で審査に落ちる事はほぼありませんので、自分が一般企業勤務や自営業者だからと言って悲観する事はありません。


ただ、これがアルバイトや派遣社員の場合だと、少し事情が異なってくるのです。それは、基本的に正社員とパートやアルバイト、派遣社員との間には年収に大きな差があるため、この年収の差がクレジットカード審査においては少なからず影響出てくるためです。

さらに言えば、正社員と違ってパートやアルバイト、派遣社員は長期間の勤務というよりは短期間のつなぎ的な意味合いで勤務している可能性があり短期間で転職を繰り返す傾向があります。

クレジットカード会社としては、短期間での転職を繰り返す可能性があるパートやアルバイト、派遣社員を一般社員と同じ扱いにする事は出来ないため、一般社員と比べるとアルバイトや派遣社員は審査では不利になる傾向があるのです。


しかし、パートやアルバイト、派遣社員と言っても、勤務形態が理由で必ずクレジットカード審査に落ちるという事は ありません。

現在日本で発行されているクレジットカードの中には、パートやアルバイト、派遣社員でも審査への申込が可能なクレジットカードは多数あり、勤務先や年収以外の属性情報がしっかりしていれば十分審査に通る可能性があるのです。


ちなみに、ステータスの高いクレジットカード審査においてはパートやアルバイト、派遣社員の方は不利になるため、そういったクレジットカードへの連続申込は止めた方が良いです。

クレジットカード審査に落ち続けてしまうと個人信用情報機関の信用情報にも申込情報だけ登録されてしまい今後の審査では不利になってしまいますから。


nice!(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0